医療脱毛の仕組み

sample 今年の夏こそ綺麗な肌で水着を着たい女性のみなさまは、ムダ毛の処理で悩んでいませんか。ムダ毛処理は、時間がかかり繰り返し剃らないといけません。しかし、医療脱毛は、エステ脱毛や、自己処理とは異なり、毛根までしっかりと熱を与え、死滅させてくれます。そもそも、何故ムダ毛が増えるのかご存知でしょうか。実は、毛は毛周期という周期で抜けて生え変わります。まず、毛周期は成長期、退行期、休止期へと移り変わり、再生されていきます。そのため、脱毛をする場合は、毛周期に合わせ、照射していく医療脱毛がおすすめです。

そして、黒色を吸収する光を照射し、毛根部分に刺激を与え、熱のエネルギーに変換します。エネルギーが毛根周囲の毛を再生させる細胞組織を破壊していきます。これを繰り返すことで永久脱毛になり、ムダ毛を処理する手間が無くなります。以前の電気脱毛は針で1本ずつ抜いて、時間と費用がとてもかかりました。

最近の医療脱毛の機械は優れ、皮膚にダメージを残さない物が増えてきています。照射パワーが強くなった医療脱毛は、ワキの下の処理も難しくなく、安心して施術を受けられるのが魅力的です。もちろん、医療脱毛でのリスクや注意点もあります。個人差があり、レーザー照射後のトラブルが無い人はいませんが、しっかりと医師と事前に相談し、施術の仕組みを知っておく必要があります。では、もっと具体的に医療脱毛の内容や施術後の注意点について説明します。


【 医療脱毛に関する外部おすすめリンク 】
医療脱毛が初めての方は、無料カウンセリングを実施しているクリニックを探すのも良いでしょう。肌への負担など不安な点はもちろん、施術に関する料金やプランなども気軽に相談できる場です。医療脱毛をお考えの方は、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか → 医療脱毛

メインメニュー